アークテリクスのメッセンジャーバッグFYX9を1年使ってみた使用感と感想

どうも、まんぼうです。

さて今日は愛用しているアークテリクスのメッセンジャーバッグフィクス9(FYX9)を1年ちょっと使ってみた感想を書いていきたいと思います。

Arc'teryx FYX9 Messenge bag
スポンサードリンク

アークテリクスのメッセンジャーバッグについて

アークテリクスはアウトドア用品のメーカーなので主に登山やスキーなどに使う耐候性の高い製品を製造しています。

そのノウハウを活かしたタウンユース向けの製品も少量ながらあります。

そのうちの一つがこちらのメッセンジャーバッグなんですね。

メッセンジャーバッグはこれ以前にもミストラルシリーズとルナーラシリーズがありましたが、ルナーラシリーズはかなり短い販売期間で廃盤になってしまったようです。

私はミストラルシリーズを愛用していて、ミストラル16とミストラル8を持っています。16の方はジッパーが破損してしまったので引退させましたが8の方は用途に合わせて今でも使用しています。

ルナーラはミストラルに次ぐシリーズとして投入されましたがミストラルの完成度が高かったため、防水性能が追加されたとは言え機能的にだいぶ見劣りしたのが不振の原因でしょう。

そのルナーラとミストラル、バックパックのブレードシリーズの機能性を融合したような形で登場したのがフィクスシリーズです。

ミストラルシリーズの内部の収納性と、ルナーラシリーズの防水性能、ブレードシリーズの空間構造をうまく取り込んでいます。

フィクスシリーズの良いところ悪いところ

良いところ

  • 天蓋部分が防水素材なので雨に強い
  • 立体構造なのでメイン気室の収納がし易い
  • タウンユースを前提としているのでスマートホンやタブレットなども収納しやすい構造になっている

悪いところ

  • ボトルを収納するサイドのポケットが折り返しに引っかかりペットボトルを収納するには不向き
  • バックパッドが形状記憶素材ではないのでフィット感がちょっと悪い
  • ミストラルに比べるとショルダーパッドが薄い
  • アジャスター部分が樹脂になり少し安っぽい
  • アークテリクスの始祖鳥ロゴがすぐ剥がれてしまう

まず良い点から解説していくと、天蓋部分が防水なのはとても大きいです。ミストラルは水に濡れると簡単に中までビチャビチャになったので、タブレットとかの水濡れの危険性がありました。

ミストラルはメイン気室と外側大ポケットの干渉が激しく入れ方に気をつける必要がありましたが、フィクスは基本的にメイン気室の中で仕切られているのでものを整理して入れやすいです。

特に、キーや財布、筆記用具、タブレットやノートPCを機能的に収納できます。私の使っているのは9Lですが、収納量はミストラルの16Lと比べてもそれほど少ないとは感じないくらいに収納できます。

続いて悪いところです。

一番残念なのはボトルが入るというのが売りだったサイドのインポケットが、サイドのジッパーを開けても天蓋を開けて上からでもさっと取り出すというのには程遠いくらい出しづらいことですね。普通にメイン気室に立てて入れたほうが楽だと思います。

私は片方にはカメラのレンズを入れていますが、片方は使いみちがなくて何も入れていません。

背面パッドがなくなっているもの残念なところですが、これについては背面ポケットをつけたことが影響しているのかもしれないので、収納性を重視したからかもしれませんね。

下3点に関してはコストダウンの影響もあると思うのですが、ミストラルのクオリティーを知っている身からすると物足りないと感じる部分です。

ショルダーパッドは物凄くシンプルになり、アジャスターの樹脂はミストラルの金属アジャスターに比べると見劣りと言うレベルでは無いくらいのガッカリ感があります。

実際には機能にはさしたる影響は無いので質実剛健と言う意味では正解なのでしょうけども・・・。タウンユースのアイテムであることを考えると残念ですね。

アークテリクスのロゴがすぐ剥がれてしまうというのも以前なら剥がれやすい素材のロゴは溶着ではなく刺繍を使っていることが多かったのですが、溶着になっているため少し擦れるとすぐに剥がれてきてしまいました。

スポンサードリンク

フィクス9の実際の機能はどんなものか?

まずメイン気室にはフレームが仕込まれていて、何も入れなくても空間が保持されるようになっています。

天蓋を閉じるベルクロのところに小さめのジッパーがあります。スマートホンやキーを入れる用途として考えられているようでキーの落下防止のフックも内側についています。私はスマートホンを入れています。

インナーポケットは両サイドに小さめもの中央に両サイドの4倍ほどの幅のポケットがあります。ミニタブレットくらいなら入るんじゃないでしょうか。両サイドの幅は思いの外狭く厚みもないのでペンやUSBメモリーなどを入れるのに良いと思います。

側面のジッパーとつながっているボトルポケットは上部にゴムがついています。側面のジッパーを開けることで天蓋を開けずに取り出せますが、硬めに形状保持されているため、ペットボトルなどを入れて取り出すのは現実的では無いです。

正直私はほとんど側面のジッパーを開けたことがありません。

背面ポケットはショルダーストラップの付け根あたりのフタを開けるとジッパーがありそこを開けることで使用しますが、背面にあたるので基本的に平らなものしか入れられないと思います。

ここの蓋はマグネットで閉まるので、歩いている最中にめくれ上がってきたりしないのがいいところです。

構造上肩からかけたまま開け閉めするのは難しいので使用頻度の高いものを入れるには向かないです。またマグネットがあるのでパスポートなどは入れないほうが良いとスタッフの方から注意がありました。

位置的に海外旅行するならパスポートを入れておくのに一番いい場所ではあるんですけどね。

全体的な機能としては使いやすいと言ってもいいと思います。本来の用途で使いづらい部分もありますが邪魔になるというわけではないので、そこまでマイナス評価ではないです。

最後に

機能的には若干ムダなところもあるけれども概ね使いやすく快適だと思います。

不満な点はミストラルに見られたデザイン性やフィット感などが失われているところ。

普段ずっと持ち続けるものなのでフィット感や疲労軽減する機能を削減しているところはマイナスです。

また日常的に持ち歩くものなのでデザイン性はもう少し考慮してほしかったかな?というのが私の感想です。

総合的には満足ですのでおすすめできる商品だと思います。

というわけで今回は、アークテリクスのメッセンジャーバッグFYX9を1年使ってみた使用感と感想について書いてみました。

ではまた。

スポンサードリンク

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください