革製品がカビてしまったら?カビだらけの財布の再生に挑戦

どうも、まんぼうです。

また使うつもりで手入れしないまま片付けてしまった革製品、気がついたらカビだらけだったなんて事ありますよね。

我が家にもありました。

と言うかまさかこんなことになるとは・・・。

ちょっと刺激の強い画像になるので閲覧注意ですよ・・・。

黒のヌバックのように見えますが、本当は黒のスムースレザーなんですよ・・・。

実家から持ってきたときは普通だったんですが、エアコンの前の紙袋に入れたままにしていたらいつの間にかこんな無残な姿に・・・。

この財布自体は10年ほど前に3万円くらいで買ったものなので、いくらカビてしまったからと行ってすぐに捨ててしまえるほど安価なものでもありません。

なんとか再生の方法はないものかと思い、色々調べてみました。

  • カビが生える原因とは?

  • 革製品のカビを落とす方法とは?

  • 実際にカビを落としてみる。

  • カビが生える原因とは?

革製品にカビが生える原因は何か調べてみました。

大きな要因は2つあり、1つは皮の表面についた汚れ、もう1つは保管しているところの湿度だそうです。

今回は今使っている財布に変えたときに特に手入れもせずそのままにして紙の箱にしまっていました。

5年前に引っ越してきたときにすでに何年か置いたままになっていたはずですが、紙の箱に入っていたことで湿度の影響はあまりなかったようです。

ところが今のアパートに引っ越した際に幾つかのものをまとめて紙袋に入れて保管していたのですが、その紙袋をエアコンの前に置いていました。

今の家では夏場は節電のためエアコンを付けたままにしています。

その為紙袋の置いてあった場所に湿気が溜まってしまい、その結果カビが生えてしまったようです。

スポンサードリンク
  • 革製品のカビを落とす方法とは?

革製品のカビを落とすには専用のカビ落とし洗剤が必要になります。

中性洗剤などでは革を傷めてしまったり脱色してしまったり、またカビを殺菌しきれずに再発するかもしれないので専用のものを使いましょう。

というわけで衣類用の革にも使えるカビ落としを購入しました。

amazonのウィジェットを貼ろうと思ったらちょうど品切れで貼れないので、商品ページをリンクしておきます。

カビホワイト・衣類用

いくつかある中で革の製品にも使えるということが明記されているのでこちらを購入しました。

説明によればカブの映えてしまったところに全体的に噴霧し15分置いてその後固く絞ったふきんで拭き取っていくようです。

  • 実際にカビを落としてみる。

商品が届いたので早速やっていきましょう。

この財布は3つ折りの長財布なのでかなり大きいです。

中も外もまんべんなく吹きかけていきます。

言葉で説明しても長くなるので作業は下の動画を参照ください。

 

スポンサードリンク
  • 結果

上の画像を見てもらえばわかりますが、見違えるようにきれいになりました。

ボタンに緑青が残ったりはしましたが、もう使えなくて捨てるしか無いんじゃなかろうかと思っていたあの惨状からすれば、奇跡的な再生ではないでしょうか?

年明けのラジオで財布は長財布がいいという話だったので今まで使っていた二つ折りの財布からこちらに戻しました。

今まで使っていた財布にオイルメンテナンスをしたいからというのも理由の一つではありますが、せっかく再生したのに使わないのはもったいないですからね。

というわけで今回は、見るも無残にカビてしまった革の財布を再生してみました。

 

ではまた。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください