バンダナと輪ゴムで作るプリーツマスクの簡単な折り方を紹介!

まんぼう工房
pallavichaudhury91 / Pixabay

どうも、まんぼうです。

コロナウイルスの感染が未だに収束を見せないのもあってマスクの入手は未だに難しい状況が続いていますね。

最近ではハンカチやキッチンペーパーを使ったマスクの作り方も色々出回っていますが、うちには昔使っていたバンダナが大量にあったのでうまいことマスクにできないかいろいろ試してみました。

スポンサードリンク




バンダナを使ったマスクの作り方

必要なものはバンダナと輪ゴム(ヘアゴム)

輪ゴムとバンダナがあれば作れる簡単マスクの作り方紹介していきたいと思います。

用意するもの

  • バンダナ
  • 輪ゴム(ヘアゴムでも良い)

このバンダナはちょっと小さめです。

まず対角に3つ折りにします。

バンダナを折ってプリーツを作る

下を2/3くらいまで折ります。

手前に1/3折り返します。

上を重なるように折ります。

半分のところで折り返します。

ここでアイロンをかけておくと形が崩れにくいかもしれませんね。

うちにはアイロンがないので試せませんが・・・

輪ゴムで止めてプリーツを固定

両端を輪ゴムで止めます。

かおの大きさに合わせて止めるといいですがだいたい目安は手を広げた幅くらいがいいと思います。

装着してバンダナマスクのプリーツを広げる

首の後で結び上下に広げます。

上側の折り込みの下になっている方を引き出して鼻の上まで上げると密着度が高いです。

特に鼻の上にきっちりかぶるように広げると隙間が少ないです。

横から見るとこんな感じ鼻から顎までぴっちりと覆えます。

バンダナマスクのメリット・デメリット

バンダナマスクのメリット

バンダナマスクのメリットは洗えることと今でも簡単に手に入ることです。上の折り方だとヘアゴムや輪ゴムがいりますがなくてもそれなりにフィットはします。少し下顎の部分がゆるいかなという感じはありますが顎の下まで覆えます。

下顎の部分の左右をヘアピンで止めてもきれいな形ができるのでおすすめです。

折る前に抗菌ガーゼなどを挟んでも折ることができます。大丈夫だとは思いますが、もしかしたら息苦しいかもしれないです。

バンダナだけだとうまく空間ができるのでよほどきつく縛らなければそれなりに口元に空間があるので楽ですね。

バンダナマスクのデメリット

もちろんですが抗菌使用でも微細粒子ブロックの高密度の布ではないのであくまで気休めであることです。

とはいえ咳やくしゃみの飛沫や勢いは何もしないよりも遥かに抑えてくれるのでマスクがないときの代用品として使う分には無いよりは効果はあると思います。

気休め程度ですが折るだけの簡単な方法なのでバンダナや大判のハンカチがある方は試してみてください。

スポンサードリンク




最後に

というわけで今回はバンダナで作る簡易的なマスクの折り方を紹介してみました。

バンダナ自体は余り持っている方は多くないかもしれませんが大判のハンカチや場合によっては端切れなどを使う事もできるかと思うのでなかなかマスクが手に入らないけど無いよりは・・・という方は是非試してみてください。

というわけで今回は、バンダナと輪ゴムで折るだけプリーツマスクの簡単な作り方を紹介でした。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました