カビた革財布や革のバッグもきれいに!テレビでも話題のクリーニング!

どうもまんぼうです。

ジメジメとした梅雨が来てしまいましたね。

この季節なると困るのがカビですね。

買っておいたパンがあっという間にカビてしまったりするとがっかりしちゃいます。

食べ物のカビもそうなのですが、もっとガッカリするのが衣類のカビ
特に高価な革製品のカビはショックが大きいですね。

今回はそんなかびてしまった革やレザーの製品をきれいにクリーニングしてくれるサービスを紹介したいと思います。

スポンサードリンク
皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス

カビてしまった革製品をクリーニングしてくれるサービスとは?

そのサービスがリナビスの皮革製品クリーニングです。

リナビスと言うとカンブリア宮殿などのTV番組で何度も取材されている宅配クリーニングサービスとして有名です。

じゃあなんでわざわざ紹介するのかということですよね?

実はリナビスの皮革製品クリーニングは既存の宅配クリーニングとは別のサービスとして始まったものなんです。

今までの宅配クリーニングサービスは依頼点数に応じた価格の設定となっていました。

また標準的な納期は提示されているものの繁忙期にはその納期を大幅に超えることもあります。

これは衣替えなどの季節に依頼が集中するため致し方ない部分があります。人員や設備にも限りがありますし、常時最大時の処理能力を確保するにはコストがかかりすぎてしまいますからね。

ツイッターなどを見れば繁忙期の仕上がりの遅れや、仕上がり状態に対する批判的な感想も見受けられます。
クリーニング業界はクレーム産業とも言われていますので、こういった感想を完全になくすのは難しい部分があると思います。

どうしても落としきれないような性質の汚れなどもありますし、それが新品同様になると思って依頼する人もいますから、認識の相違が生じることは避けられないでしょう。
これから紹介する皮革製品クリーニングサービスでも新品同様になるというわけではないので、そこは勘違いなき様お願いしたいと思います。

今回紹介する皮革製品クリーニングサービスとはどんなものなのか?詳しく紹介していきたいと思います。

リナビスの皮革製品クリーニングサービスとは?

リナビスは会員登録制の宅配型クリーニングサービスですので会員登録が必要です。

↓↓↓登録はこちらから↓↓↓
皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス
現在会員登録が出来る状態ですが、会員数が多くなると一時的に新規の登録受付が休止されることもあるようです。
リナビスのサービスを利用するには必須ですので必ず会員登録をすることになります。

既存のクリーニングとの違いについて紹介していきます。

価格設定の違いは?

  • 通常のリナビスの宅配クリーニングサービスでは依頼する衣類の点数で価格を設定
  • 皮革製品クリーニングでは製品の種類ごとに価格とクリーニング内容が設定

依頼はいつでも出来る?

  • 通常の宅配サービスでは1日の受付点数に特に制限はなし
  • 皮革製品クリーニングでは1日10件までの限定受付

繁忙期などでも安定した品質でのサービスを提供できるように配慮されています。
そのため繁忙期には受付上限に達することも多くなると考えられるので、なかなか依頼が出来ないという可能性はあります。

具体的にどんなサービスが有るの?

リナビスの皮革製品クリーニングでは4つのコースが用意されています。

  • バッグコース
  • 靴コース
  • 革製衣類コース
  • 革財布など小物コース

順番にコースの内容を見ていきましょう。

バッグコース

基本料金:25000円 (税抜き)
コース内容:洗い・修復・色補正・仕上げ
オプション:カラーチェンジ(1点につき5400円)

靴コース

基本料金:17000円(税抜き)
コース内容:洗い・修復・色補正・仕上げ

革製衣類コース

基本料金:15000円(税抜き)
コース内容:洗い・仕上げ
オプション:色補正(1点につき10800円)

革財布など小物コース

基本料金:17000円(税抜き)
コース内容:洗い・修復・色補正・仕上げ

いずれも個数限定、相談無料、送料無料、会員限定のサービスとなっています。
(送料は北海道、沖縄、一部離島を除く)

事前に画像などで依頼する品物の見積もりをしてもらうことも出来るので、不安があればまず相談をしてから依頼をするといいと思います。

多くのブランドの皮革製品のクリーニングを手がけてきた経験から殆どの場合で問題なく仕上げることが出来るようですが、状態が悪かったりやあまりに特殊なものだと対応が出来ないこともあるようです。(リナビスのホームページによれば2%程度)

なのでまずは状態を詳細に伝えて対応可能であるかを確認の上、依頼するというのが一番安心できると思います。

スポンサードリンク
皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス

最後に

今回はリナビスの皮革専門クリーニングについて紹介してきました。

以前私が自力でクリーニングしたのは3万円程度の財布でしたが、何十万もするバッグやレザージャケットなら流石に自力では怖くてできなかったのと思います。

昔はカビてしまったら諦めるかなんとか拭き取って使うかしかなかったのかもしれませんが、今なら専門知識を持ったプロがきれいにクリーニングから修復までうけおってくれるなんていい時代になったと思います。

クローゼットを開けたら大事な革製品がカビてしまっていた!と言う方は皮革専門クリーニングを利用してみるのもいいのではないかと思います。

というわけで今回は、カビてしまったレザー革製品はどうすればいい?クリーニングは出来るの?についてリナビスの皮革専門クリーニングサービスの紹介でした。

ではまた。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください