多趣味なまんぼうおじさんの徒然なる日常

大江千里の有名な曲やおすすめをまとめ!歌の評価・評判についても

2019/08/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

どうも、まんぼうです。

最近ラジオで聞いて懐かしいなと思ったアーティストがいたので紹介したいと思います。

それがタイトルにもある大江千里です。

私達アラフォー世代には割と馴染みの深い名前なのですが、仕事場の若い子達に話すと「誰ですかそれ?」と言われてしまいました。

ジェネレーションギャップを感じましたが、今では知らない子達も多いんだなぁと感慨深くなったので紹介したいと思います。

Pexels / Pixabay

スポンサードリンク




大江千里のプロフィール

本名:大江千里(大江千里)

生年月日:1960年9月6日

出身地:大阪府藤井寺市

職業:シンガーソングライター、ジャズピアニスト、俳優など

現在ではNYを拠点としたジャズピアニストとしての活動がメインですが、もともとは80年代から90年代に活躍したJ-POPのトップアーティストの一人です。

ソロのアーティストとしては当時あまりなかったスタジアムライブを数年に渡り開催するほどの人気がありました。

歌手活動と並行して俳優もやっていて、ゴールデンタイムのTVの連続ドラマや映画の主演をすることも。

また出身が関西であることと年代的に近かったこともありダウンタウンのバラエティ番組には時々出演したりもしていた。

90年代後半からはNHKのトップランナーで司会を長きに渡り務めています。

またエッセイスト・小説家として梶原杢太郎のペンネームで執筆活動も行っています。

2007年から本格的にジャズの勉強のためにNYにわたり4年かけてThe New School for Jazz and Contemporary Musicを卒業。

在学中にも時々日本に帰国しライブを行ったりもしていた。

2008年に20年来のお付き合いの一般女性と結婚

愛犬は「ぴ」ことミニチュアダックスフントの「ピース」(ひらがなでぴーすと書かれることもある)

大江千里の有名な曲・オススメまとめ

1982年に「ワラビーぬぎすてて」でデビューした大江千里ですが、代表曲と言えるのは何でしょうか?

いくつか認知度の高い曲があるので紹介も含めていくつか挙げていきたいと思います。

格好悪いふられ方(1991年)

タイトルのインパクトと笑っていいとも出演時に必ずタモリがにてない物まねをすることで知られている「格好悪いふられ方」が認知度としては一番高いのかなと思います。

大江千里本人がなにかのインタビューで語っていましたが、シンガーソングライター時代のピークはこの曲を出した頃だったと言っていました。

大江千里というとこの曲を連想する人は多いんじゃないかな?

RAIN(1988年)

実はシングルではないこの曲ですが、カバーされることの多い曲で、最近では秦基博がカバーして新海誠監督の「言の葉の庭」の主題歌として使われました。今でもラジオなどでもよく流れています。特に梅雨時期や雨の日などにはよく流れていますね。

あと有名なところでは槇原敬之も2度カバーしています。

もともとは1234(1988年)というアルバムの収録曲の一つでしたが、ファンの中でも人気の高い名曲の一つです。

GLORY DAYS(1988年)

こちらもRAINと同じく1234に収録されている曲ですが、こちらは先行シングルとして発売されたシングル曲です。

当時担当していたラジオで1991年にアンケートを取った結果人気No1となった曲です。

大江千里の有名な曲と言って挙げられるとしたらこのあたりだと思います。

今でも私はこの3曲はカラオケでもうたいますので主観もだいぶ入っているのは否定しませんが・・・。

これ以外に有名な曲というとCMやドラマタイアップのものがあります。

十人十色(1984年)

大江千里の初めてのCMタイアップ曲で味覚糖のCMに使われていました。

この曲をきっかけに少しずつ認知度が上がっていったという部分もありますね。

あいたい(1990年)

大江千里本人が主演の映画「スキ!」の主題歌であり、またSUZUKIカルタスのCMでも使われたダブルタイアップ曲。

この曲は個人的にとても好きです。

ありがとう(1992年)

ドラマ十年愛の主題歌として使われた曲。

ドラマ自体は名前の通り1話1年で進むという変わった構成だった。

ダウンタウンの浜ちゃんと共演したドラマで、曲よりもドラマの印象のほうが強いけど歌詞の内容がとても良いのでおすすめです。

スポンサードリンク




最後に

というわけでここまで大江千里のことを書いてきましたが、40代50代あたりの世代だとトップアーティストという認識なのですが、若い世代だと知らなかったという人も多いんじゃないかと思います。

個人的には50歳を目前にしてそれまでのキャリアを捨ててNYで1からジャズピアニストの勉強をしようという決断に当時驚かされました。

学ぶことに年齢なんて関係ないんだなと改めて知らしめられ、自分の価値観が変わったところもあってとても尊敬しています。

それまでも1ファンであったのは間違いないのですが、今では目標にすべき人生の先輩として尊敬しています。

というわけで今回は、大江千里の有名な曲やおすすめをまとめ!歌の評価・評判についてでした。

ではまた

この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© まんぼうの棲家 , 2019 All Rights Reserved.