吉祥寺のケーキ屋さんパティスリー・ルリスのピティヴィエは季節の味

どうも、まんぼうです。

先日、ハンディモップでの掃除に限界を感じついに掃除機を買いました。

吉祥寺のヨドバシカメラに買いに行ったんですが、その前にちょっと気になっていたケーキ屋さんに行ってきました。

フランス菓子 パティスリー ル・リス 【Le Lis】

住所:〒181-0013
東京都三鷹市下連雀1-9-16 KENTビル1F
TEL:0422-70-5002
FAX:0422-70-5008
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日

下に地図を貼っておきますが、吉祥寺駅から井の頭公園の横を道なりに進めばたどり着けるので、道に迷うことはないと思います。

歩くとちょっと遠い(25分位)のでバスで行くと楽だと思います。

吉02,03,06など何本も通るバスがあるのでスマホで調べるかバスの運転手さんに訊いてみてください。

小田急も京王もどちらのバスも近くを通ります。

スポンサードリンク

パティスリー ル・リスで買えるお菓子はどんなものがあるの?

ル・リスさんが作っているのはいわゆる生菓子(プチガトー)と焼き菓子、クロワッサンなどのパン、ガナッシュボンボンショコラなどのチョコレートパート・ド・フリュイコンフィチュールなどを作られています。

写真は撮ってこなかったのですが、チョコレートはエディブルフラワーをあしらったものなどもあり見た目も美しいものが沢山ありました。

種類も豊富にあり、全種類食べようとしたら何度も通わないと制覇出来ないと思います。

さて、今回私が買ったケーキは・・・、実は名前をメモるのを忘れてしまったのでちゃんとした商品名がわからないのです・・・。

何ということでしょう・・・。

はい、ということでこちらの3つを買って来ました。

左奥にあるのがレモンとラズベリーのムース、右奥がチョコレートのムースです。

手前にあるのは月餅・・・ではなく桜と抹茶あんのピティヴィエです。

ピティヴィエというと中身はクレームダマンドが一般的ですが、こちらは季節の商品ということで、春らしい桜と抹茶を使った珍しいピティヴィエとなっています。

今回は買わなかったのですが、ほかにも桜のプリンなどもあり季節に合わせた素材を使ったケーキも作られているようです。

ケーキのお値段は400円から550円の間で種類も15種類くらいあったと思います。

ちょっと後の予定もあったのでちゃんと数えてこれませんでした。

実はこのル・リスさんは私の会社の同僚の身内の方がやっておられて、その関係で教えてもらって今回初めて買いに行ったんですね。

なので実は食べるの自体は今回が初めてではなく、以前ガレットデロアとパリブレストを頂いたことがあります。

その時からおいしいなと思っていたのですが、生菓子のムース系のものを食べてみたくて訪問したというわけです。

生菓子を買いに行ったのにピティヴィエを買っているのは、以前食べたガレットデロアが美味しかったのと、私が個人的にピティヴィエが大好きだからというのが理由です。

こじんまりとしたお店ですが、ケーキのレベルはとても高いと思います。

私の個人的な主観がだいぶ入ってはいますが、ル・リスさんのパイ系のお菓子はとても美味しいのでケーキと一緒に買ってもらえたらいいなと思います。




スポンサードリンク

最後に

今回は吉祥寺にあるフランス菓子パティスリー ル・リスについて紹介してきました。

駅からは少し遠くはありますが、歩けないほどの距離ではないので散歩がてら歩いていくのもいいかもしれませんね。

天気が良ければ焼き菓子を買って井の頭公園でちょっと休憩しながら食べるのも気持ちが良さそうです。

というわけで今回は、吉祥寺のケーキ屋さんパティスリー・ルリスの紹介でした。

ではまた。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください