大根づくしの天ぷらは材料一つで楽ちんおいしい

どうも、まんぼうです。

今回は、天ぷらを食べたい!でも食材いっぱい揃えるのは大変だし、大根おろしもしたら大根も余っちゃう!

そんな人のための大根だけの天ぷらのレシピを紹介します。

スポンサードリンク

大根一本で天ぷらから天つゆまで

レシピは私のクックパッドから引っ張ってきました。

そもそもなんで、大根の天ぷらをしたのかというと、冷蔵庫に使おうと思って買っておいたのに忘れていて、ちょっとしなびた大根がまるまるあったからなんです。

とは言え大根1本全部使い切るにはレシピが限られるし、大体煮物になるので、せっかくなので何か違った使い方はないものかと思い考えたのが大根の天ぷらでした。

クックパッドを見てみると私の他にも大根の天ぷらのレシピを載せている方はたくさんいますので、似通ったレシピがあるかもしれません。

ほかの方のを見てみると大根自体は一度下茹でする派と薄めにして油の温度で中まで加熱する派の二通りがあります。

このときは思いつかなかったのですが、いっそ衣にも大根おろしを混ぜ込んで揚げて見るのも面白そうだなと今頃気づきました。

今回のレシピでは一度湯がいてから衣をつけてから揚げる方法を取っています。

揚げるときに中まで火を通すのは揚げ色とかの兼ね合いも考えると揚げ物初心者にはちょっとハードルが高かったので、先に茹でる方法を選びました。

と言っても私はクックパッドで事前に調べたりしないので2つの方法があることはブログを書くときに初めて知るわけですが。

私は基本的にマイレシピに載せる時のレシピは事前にクックパッドで検索しないので、載せてから「似たのんいっぱいあった(´・ω・`)」って言うことは結構あります。

一度何か良いレシピあるかなと思って見てしまうと、オリジナルじゃない気がしてよほどかけ離れたアレンジになっていない限りは載せないようにしています。

 模倣と言うのはどのあたりまでが模倣なのかと言う解釈はかなり個人差があると思いますが、私の解釈は誰かのレシピを見てちょっと手を加えただけのものは模倣なので、自分のオリジナルのレシピとして載せることには抵抗があり、基本的に載せることはありません。

なんというか個人的な感情としてパクリみたいで嫌なんですよね。

ちょっと話がそれてしまいましたが、

ここで注意点!

大根の天ぷらは湯がいても水分が多いので揚げたてで食べないと、時間が経つと衣がベチャベチャになってしまうので揚げたらすぐに食べきりましょう!

最後に

大根の天ぷらは揚げたてで食べると外はカリッ!なかはホックホク!でとても美味しいです。

あまりポピュラーな具材では無いですが、おろし天つゆにして食べても食材大根のみというお手軽さなので是非試してみてください。

というわけで今回は、大根づくしの天ぷらは材料一つで楽ちんおいしい簡単レシピの紹介でした。

ではまた。

スポンサードリンク

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください