多趣味なまんぼうおじさんの徒然なる日常

シェイクシャックのおすすめメニュー!2018春のフレーバーは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

どうも、まんぼうです。

新宿の東急ハンズに行ったついでに以前からずっと行ってみたかったハンバーガーショップに行ってきました。

それが2015年4月に明治神宮外苑に初めて出店し2017年6月に新宿サザンテラスにオープンした、シェイクシャック新宿店です。

シェイク・シャック 新宿サザンテラス店

〒151-8583 東京都渋谷区代々木2-2-1 新宿サザンテラス内小田急サザンタワー2F

営業時間:午前11時~午後10時

新宿の高島屋の2階からつながる橋を左に下ったあたりでFrancFrancの正面あたりになります。オープンテラスになっているので近くに行くとすぐわかるかと思います。

橋の正面にも案内のひょうじがありますので、サザンテラスに出れば迷うことはないでしょう。

シャック・スタック
スポンサードリンク

シェイクシャックのハンバーガーやその他のメニュー

シェイクシャックのハンバーガーについてちょっと紹介しておきますと、ナチュラルアンガスビーフ100%のパティを使用したホルモン剤を使用しない牛肉を使用していることが一つの特徴になっています。

日本ではそもそもホルモン剤を食用牛には使えないそうなのですが、アメリカでは成長促進に使うのは一般的だそうです。

ハンバーガーの種類は全部で5種類

  • シャックバーガー シングル680円 ダブル980円
  • スモークシャック シングル880円 ダブル1180円
  • シュルームバーガー(ベジタリアン) 930円
  • シャックスタック 1230円
  • ハンバーガー シングル580円 ダブル880円 (ベーコン+200円)

ほかのハンバーガーショップと比較するとシャックバーガーでバーガーキングのワッパーチーズくらいのボリュームかなという印象ですね。

ワッパーチーズが単品で570円なので少し高めではあるかと思います。

使われているものが違いますので単純な比較にはならないと思いますが、食べる量としてはこのくらいになるのかなという感じがします。

ほかのハンバーガーショップと決定的に違うのが、ポテトなどとのセットメニューがないこと。

なのでハンバーガー単品だとそこまで差が無いように見えますが、ドリンクとサイドを合わせて頼むと結構な値段になります。

サイドメニューなどの値段は

  • フレンチフライ スモール280円 レギュラー420円
  • チーズフライ スモール 400円 レギュラー600円

私達はレギュラーのフレンチフライをシェアして食べたのですが、ほかのお店と比べるとレギュラーで他店のLサイズと同じかちょっと多いくらいかな?という印象でした。

ポテトはギザギザカットの太めでホクホクしていてとても美味しかったです。

値段だけ見ればやっぱりちょっと他店よりはお高めかな?

ドリンクはとても個性的で、自家製レモネードやルートビアなどほかのお店ではあまり見ないものがありました。

ドリンクメニュー

  • レモネード(オリジナル/季節のフレーバー) スモール250円 レギュラー380円
  • ABITA ROOT BEER(ボトル入りルートビア) 400円
  • オーガニックアップルジュース 400円
  • アイスティー スモール230円 レギュラー380円
  • Fountain Soda(炭酸飲料) スモール230円 レギュラー350円
  • Fifty/Fifty スモール250円 レギュラー380円
  • ミルク 300円
  • ボトルウォーター フィジーウォーター330ml 富士プレミアムスパークリングウォーター 各250円

今回は頼まなかったのですが、お店の名前にある通りシェイクが有名で、レモネードと同じく季節によって新しいフレーバーが出るようです。

いまは春なのでShack-ura Shake(シャクラシェイク)と半分ダジャレの桜フレーバーのシェイクが販売されています。

後は日本限定の黒ごまシェイクは定番として販売されているようですね。

  • Shack-ura Shake(シャクラシェイク) スモール530円 レギュラー700円
  • Black Sesame shake(黒ごまシェイク) スモール480円 レギュラー650円

アイスクリームも有名みたいで、コンクリートという名前で売られていました。ネーミングがちょっと独特で面白いですね。

フローズンカスタードにトッピングをしたオリジナルアイスということで3種類があります。

  • Salted caramel banana crunch(バニラカスタード、塩キャラメルソース、ショートブレッド、バナナ)
  • Chocolate Peanut butter Crunchcrete(チョコカスタード、Valhanaチョコレートチャンク、チョコレートトッフィー、ピーナッツバター)
  • Rainbow Connection(バニラカスタード、バニラドーナッツ、ストロベリージャム、レインボウスプリンクル)

スモール480円 レギュラー650円

レインボウ・コネクションは売上の5%を寄付するとのことで、ただ美味しいものを売るというだけではなくいろんなことに配慮しているところがこのお店の特徴的なところでもあるようですね。

シャックスタック食べてみた感想

私たちはシャックバーガーとシャックスタック、フレンチフライとAbita Root Beer、季節のフレーバーのレモネードを頼みました。

シャックバーガーはパティ、チーズレタストマトにシャックソースが使われていて、オーソドックスなハンバーガーになっています。

一方のシャックスタックは、シャックバーガーにシュルームバーガーのパティを追加した物となっていて、なかなかにボリュームがすごいです。

パティとチーズの間にあるのがシュルームのパティです。

マッシュルームを衣をつけてフライにしたようなもので、きのこの歯ごたえがあって食べごたえがあります。

チーズもかなりふんだんに使われていて、食べているうちに袋の中にだいぶ流れ出してしまっていたくらいです。

バンズにはじゃがいもが使われているそうで、とてもふわふわとした食感がありました。小麦だけではないバンズは初めて食べましたが、とても口当たりが良かったです。

ちょっとだけ残念だったのは包み紙が内側がコートされたペーパーではなかったので張り付いてちょっと食べにくかったことですね。

味に関しては文句のつけようも無く美味しかったです。

これが季節のフレーバーのレモネードです。

今のフレーバーはラズベリーとライムということで、レモネードなのにかなり赤いですね。

ライムよりもラズベリーの風味が強くでていましたが、とてもおいしいレモネードでした。レギュラーサイズで頼みましたが、カップがかなり大きく氷も多かったですが、中身も問題なくたくさん入っていました。

ちょっと濃いめなので少し氷が溶けたくらいでもちょうどいいかもしれませんね。

ルートビアはこんな感じでボトルで出てきました。

私はあまりルートビアは好きではないのですが、一緒に行った友達はルートビアが大好きだということで、とても香りが強くてよかったと言っていました。なのでルートビアの湿布っぽい臭いが苦手な人は絶対に頼まないほうがいいと思います。

ちょっともらって飲みましたが、味は一般的なルートビアよりも美味しかったです。

まぁ最大の問題はね・・・。




スポンサードリンク

最後に

私達は二人で3400円くらいでしたが、お腹はかなりいっぱいになりました。この値段を高いと見るかどうかは評価の分かれるところですが、美味しいハンバーガーを食べたいというのであれば私はありだと思います。

沢山食べたいという目的であればほかの選択肢もあると思いますが、私達には量的にもちょうどよかったですので、よほどたくさん食べる人でなければ十分に満足できると思います。

現在シェイクシャックは8店舗を展開していますがほとんど東京近郊になります。(7店舗が都内、1店舗が横浜)

ほかのお店についてはシェイクシャックの公式ページで確認してみてくださいね。

シェイクシャック

今後は2020年までに国内で20店舗を目指すということなので近い内に大都市圏にはお店ができるかもしれませんね。

というわけで今回は、新宿のシェイクシャックで初めて食べたシャックスタックに感動したというところで終わりにしたいと思います。

ではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© まんぼうの棲家 , 2018 All Rights Reserved.