ネスプレッソ互換カプセルのおすすめは? コストパフォーマンスの評判や味の感想も

まんぼう日報
AJEL / Pixabay

どうも、まんぼうです。

最近ネスプレッソのお手軽さにはまってしまい、購入時についてきたカプセルをあっという間に飲み尽くしてしまいました。

まとめて新しいのを買おうと思い調べてみると純正品以外にもサードパーティーからの商品が出ているんですね。

というわけで今回はネスプレッソ互換のカプセルについて調べてみました。

スポンサードリンク




ネスプレッソのカプセルの種類

ネスプレッソのカプセルには純正品と互換製品の2種類があります。

ネスレ公式通販

  • ネスプレッソ純正カプセル
  • ネスレ公式スターバックスカプセル

他社製互換カプセル

  • KIMBO製互換カプセル
  • CAFE ROYAL製互換カプセル
  • MOKAPRESSO製互換カプセル
  • BELMIO製互換カプセル
  • DolceVita製互換カプセル
  • Gourmesso製互換カプセル(海外発送)

ネスプレッソ純正カプセルとスターバックスカプセルはamazonなどでも購入できますが、公式通販でも販売されているものは値段を計算すると公式で買ったほうが安いこともあるので、購入の際には注意が必要です。

他社製の互換カプセルは他にもありますが、比較的評価の高いメーカーをピックアップしています。

それぞれの種類についての特徴について書いていきたいと思います。

ネスプレッソカプセルの純正品の特徴

ネスプレッソ純正カプセル

ネスプレッソの純正カプセルはネスプレッソの公式サイトとネスレの公式サイトで購入ができます。

また 並行輸入品がamazonなどのネット通販で販売されています。

並行輸入品は日本で販売されていないフレーバーやブレンドなどが多くありますが、注意してみないと国内正規品と同じものが売られていてかつ値段が高いことも多々あるのでしっかりと比較をしてから購入するようにしたほうが良いです。

ネスプレッソ公式サイト

ネスレ公式通販

ネスレ公式スターバックスカプセル

スターバックスカプセルはネスレの公式通販で3種販売されています。

amazonなどではこれ以外の種類も並行輸入品で販売されていますので、公式で販売されていないものに関してはそういった並行輸入品を購入することになると思います。

ネスレ公式通販(スターバックス)

ネスプレッソカプセル互換製品の特徴

KIMBO製互換カプセル

KIMBO製の互換カプセルはamazonなどで購入することができます。

純正品が80円から100円くらいなのですが、まとめ買いをすると60円から70円くらいで購入することができます。

KIMBOは本場イタリア・ナポリのメーカーなので品質も高いです。

今のところ購入して試してみたのはこのKIMBOだけなのですが、しっかりとした味わいと香りがあってミルクと合わせても十分に美味しいです。

レビューの評価も概ね好評ですね。

CAFE ROYAL製互換カプセル

CAFE ROYAL製の互換カプセルはスイス製でamazonで販売されている互換カプセルの中では単価がかなり安いものになります。

販売価格にもよりますが、だいたい1個あたり50円前後で楽しむことができます。

味の評判も悪くはないですが、キャラメルだけは批判的な評価が多いようですね。

アソートでも何故かキャラメルだけが多いのでその部分は不評みたいですが。

MOKAPRESSO製互換カプセル

名前も見た目も純正とよく似た互換カプセルです。

味の評価は概ねちょっと弱めという評価ですね。

価格はまとめ買いで50円から70円くらいなので上記2社とほぼ同じくらいです。

またカプセルがアルミではなく樹脂製のためマシンによってはうまく穴があかず抽出があまりできないこともまれにあるようです。

BELMIO製互換カプセル

BELMIO互換カプセルはベルギー製でカプセルの形状は純正品とかなり近いです。

あまり出回っていないようで評価はあまり見られませんでしたがそれでもamazonと楽天では少数ではありますが評価は高いようです。

互換カプセルの問題としてやはりマシンによってはカプセルの形状が相性の悪いものもあるようですね。

DolceVita製互換カプセル

DolceVita製の互換カプセルはイタリア製で今回紹介した中では最も1個あたりの価格が安いです。

1個あたり驚異の40円という値段なので1杯辺りの価格は正規品の半分くらいになります。

味の評価はレビューによると香りは劣り少し薄めに感じるという評価が多めですが、価格のやすさからお手頃感があり概ね好評のようです。

Gourmesso製互換カプセル(海外発送)

Groumesso製の互換カプセルは日本国内発送では無いみたいで納期が少し長めにかかるようです。

日本からのレビューがないのですが評価の数が他の商品に比べて多いにもかかわらず高評価が多いので気になりました。

フェアトレードのコーヒー豆を使用し、フレーバー付きのカプセルもラインナップされていて、バリエーションが多いです。

価格も1個あたり60円足らずと安めなのでちょっと試してみたい商品です。

おすすめのネスプレッソ互換カプセルは?

総合的に見たおすすめ

味と価格を総合的に見たらネスレ公式通販で買うスターバックスカプセルかKIMBO製互換カプセルがおすすめです。

スターバックスカプセル味の評判も良く、かつ純正品よりも少し安めなので日常的に飲みたいけどトラブルは避けたいという人に最適だと思います。

4000円以上から送料無料になるので1個あたり76円から81円で購入ができます。

ちなみにamazonでも買えますが、レビューを見ると梱包状態に難があるケースが多発しているようなのでネスレ公式で販売されている3種以外がどうしても飲みたいと言うとき以外は避けたほうが無難かと思います。公式通販にある3種はamazonで買うほうが高いことも多いですし。

KIMBO製互換カプセルは実際買ってみて飲んでいるのですが、500mlのタンブラーでラテ風にミルクを混ぜてもしっかりとコーヒーの味がします。

価格も少しですがスターバックスのものよりも更に安いので味とコスパの優れた商品だと思うのでおすすめです。

コスパから見たおすすめ

コスパでおすすめするのはCafe RoyalとDolceVitaの互換カプセルです。

もちろん純正品と比べると味の評価は劣るのですが、普段飲みする分には1個あたりのコストは安いほうがありがたいですよね。

この2つは純正品の半額程度で買えるので普段遣いのものとしてはとても良いと思います。

味から見たおすすめ

味でのおすすめは純正品、スターバックス、次点でKIMBOかなと思います。互換カプセルの記事なのに純正品をすすめるのも変な話ではあるのですが、マシンを知り尽くした本家の強さといったところでしょうか。

味に関しては最終的には好みがあるので難しいところではあるのですが、香りとしっかりとしたボディがあるかどうかという点ではこの3つがレビューでもほかよりリードしている印象でした。

スポンサードリンク




最後に

というわけで今回はネスプレッソの互換カプセルについて書いてきました。

今回紹介したもの以外にも色々あるので色々試して実際どんなものかいずれ紹介できればとは思っています。

今回紹介したものも自分が何を選ぶのかを散々レビューを見た上で記事にしています。

最終的に私はKIMBOの3種セットを選んだのですが、次はDolceVitaを試してみようかなと思っています。

それ以外のものも購入次第感想を追記していきたいと思います。

というわけで今回は、ネスプレッソ互換カプセルのおすすめは? コストパフォーマンスの評判や味の感想でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました