【ミッドナイトサン/タイヨウのうた】リメイク版キャストと日本版との違い

どうも、まんぼうです。

最近は日本の映画が原作でハリウッド・リメイクされるものは結構ありますが、ホラーが多い印象です。リングやダーク・ウォーター(仄暗い水の底から)なんかは日本でも公開されて日本版同様に話題になりましたね。

 

 

スポンサードリンク

ミッドナイトサン/タイヨウのうたとは?

ミッドナイトサン/タイヨウのうたは、YUIと塚本高史主演で2006年に公開されたタイヨウのうたのリメイクである。

あらすじ

XP(色素性乾皮症)を患い日光にあたることの出来ない少女ケイティーは日が暮れてから路上で歌うことが楽しみであった。

そこでずっと何年も窓からスケボーに乗って過ぎ去っていく姿を追うだけだった少年チャーリーに声をかけられる。

惹かれ合いながらも自分の病気について打ち明けられないケイティー。

その恋の行方とは?

日本版ではサーファーだった設定がスケボーに乗って通学する水泳選手と言う設定に変わっているようですね。

この映画の最大のポイントとなる用語がXP:色素性乾皮症です。

劇中では紫外線に長時間当たると死んでしまうという部分だけが強調されていますが、実際には若年性発症の場合、聴覚障害や知能障害、摂食障害を伴うことも多いということで、現実的には日常生活がままならないことも多いそうです。

ちょっと話はそれますが、このXPを題材にした映画はこれよりも前にもあって、その映画では明確にXPという病気については言及はされていませんが、同様に日光に当たると死んでしまうという説明がなされていました。

その映画はリック(原題:The dark side of the sun)と言う映画で1988年製作の1997年公開の映画です。公開までに時間がかかっているのはクロアチア紛争が勃発してフィルムがバラバラに散らばってしまったためだそうです。

主演はあのブラッド・ピットで、まだブラッド・ピットが人気になる前の作品で本来なら初主演作となる映画でした。

この作品では日光にあたらないように全身レザーの衣装を来て生活するという描写で、日に当たると皮膚がただれると言う描写なのでXPの症状に発想を得たオリジナルの奇病として描かれています。

映画なので日光にあたる以外は普通の生活ができるような描写になっているので、日光に当たれないことがこの病気の本質ではないということは知った上で見たほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

主要キャスト

ケイティー:ベラ・ソーン

1997年10月8日フロリダ州生まれ

本名はアナベラ・エイブリー・ソーン

幼少期からモデルなどの活動をしておりディズニー・チャンネルの”Shake it up!”で注目を集めた。2014年にはアメリカのバラエティ番組が発表した最も影響力のある10代の4位に選ばれ、2015年MSNの「30才以下のハリウッドスター30人」の一人に選ばれた。

日本公開の映画ではまだ大きな話題に挙がるものは無いようですね。

チャーリー:パトリック・シュワルツェネッガー

1993年9月18日カリフォルニア州ロザンゼルス生まれ

名前ですぐわかると思うけれどもマッチョ俳優であり元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーの息子である。

俳優としてのキャリアは2006年からだが、あまり出演作は多くなく話題作もないのでこの作品で初めてシュワちゃんの息子が俳優やってたんだと知る人も多いのかもしれないですね。

ゾンビワールドへようこそと言うB級コメディホラー映画の脇役でちょっとでていたのを観ましたが、あまり重要な役割ではなかったです。

モーガン:クイン・シェファード

1995年2月28日ニューヨーク生まれ

TVシリーズへの出演が多いようで、CBS作成のホステージというドラマシリーズに準レギュラーくらいの位置づけで出演していたようです。それ以前も子役としての活動をしていたようでIMDbのスチル写真にまだあどけない表情の写真がたくさんありました。

2016年からは映画の出演が多くなっているのでこれから見る機会が増えるかもしれませんね。

ジャック(ケイティーの父):ロブ・リグル

1970年4月21日ケンタッキー州生まれ

エンターテイメント業界に入る前は米軍所属で海兵隊予備部隊所属でリベリア、コソボ、アフガニスタン、アルバニアなどの紛争地帯に従軍し階級は中佐だったそうだ。

コメディアンとしてキャリアを始めたときも予備役軍属のまま活動をしていて2013年の退役まで23年間に渡り軍に所属していた。

もともとはスタンダップコメディー出身のコメディアンでサタデーナイトライブに1年間レギュラーで出演するなどの実績がある。

その頃から俳優業にも進出し着実に実績を積み重ねている。

私はたまたまアマゾンプライムで観たデッドライジングでフランク・ウェストを演じているのを観てこの方のことを知りました。というかトレーラー観てたらどっかで観たような?と思って調べたらフランクさんだったということなんですけどね。

日本版との違い

チャーリー(日本版での藤代)がサーファーではなく水泳選手。

トレーラーにはハーバーらしいものとビーチが映るけど波がほとんどないので、もしかしたら海ではなく湖か、波の立たない湾内だとおもわれます。

チャーリーの乗り物が原付バイクではなくピックアップトラック。

これはお国柄といいますか、北米だと高校生でこういう大きな車に乗っていることは珍しいことではないので、逆にスクーター出来たらびっくりですからね。

はっきりはわからないけどおそらくケイティは父子家庭。

トレーラーの中では父親しかでてこない上にキャストを確認してみてもその年齢の女優がいないので、父子家庭の可能性がありますね。

日本版では両親の献身的なサポートというのも強調されていたので、母親はいたとしてもそのあたりの設定がちょっと違っているのかもしれません。

撮影はどこで?

バンクーバーで撮影されていたそうなので目印になりそうなものを探してみました。

ハーバーの場所はいくつか使っていそうな気がしますが一つはコールハーバーだと思います。よく似た雰囲気の場所がありましたので、建物とかで判別できたら良いんですけど、ぼやけていて確証が得られませんね。

断定できる場所は2つありました。

ライブ会場とされていた建物がありますが英語版のトレーラーには特徴的な背景があり、そこがグランビルアイランドだとわかります。

この建物がでてきますので探してみてくださいね。

もう一つはスティーブストンというバンクーバーの南にある港町です。

夜中のシーンなので分かりづらいですが、右奥にある三角屋根の家と中央にあるレンガ造りの店舗がトレーラーでも確認できますよ。

スポンサードリンク

最後に

「ミッドナイトサン/タイヨウのうた」について書いてきました。

現段階での公開予定日は2018年5月11日となっていますので、それまでに日本版を観てどんな違いがあるのかを見比べてみるのもいいかもしれませんね。

記事を書くにあたって女優さんを調べていたのですが、クイン・シェファードはエキゾチックな顔立ちでとてもきれいな女優さんですね。

今後出演作も多いのようなのでちょっと気にしておきたいなと思いました。

というわけで今回は、ミッドナイトサン/タイヨウのうたのハリウッド版キャストと日本版との違いについて書いてみました。

ではまた。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください