多趣味なまんぼうおじさんの徒然なる日常

XperiaEarDuoの特徴や使い勝手は?デザインが面白いけど音漏れしない?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

どうも、まんぼうです。

ソニーから音楽を聞きながら周りの音が聞こえるという画期的な左右独立型イヤホンが発売されるそうです。

電車待ちのときにアナウンスが聞こえない!とか誰かに声をかけられても気づかずに無視してしまったということが無くなりそうでとても良さそうに見えます。

私も電車で長距離を一人で移動するときには音楽を聞きながら移動したりするのでこういう物があると便利じゃないかと思います。

どんな特徴があるのか見ていきたいと思います。

Xperia Ear Duoの主な特徴と仕様、価格と発売日は?

このXperia Ear Duoですが耳に入れるイヤーピースの部分が開放型になっていて、音は耳の後ろに来るドライバーユニットから鼓膜に直接振動を伝えるタイプのイヤホンだそうです。

直接鼓膜に伝えると言うことなのですが、骨伝導とはまた違うシステムなんでしょうか?

公式サイトによると音導管設計という新技術だそうで、通常のイヤホン同様耳の中で音を出力するのですが、その音が直接鼓膜に届くという感じなのでしょうか?

開放された耳から周囲の音を、ドライブユニットから鼓膜に直接音声を伝えるという【デュアルリスニング】という仕様から日常生活の中にBGMが流れているようなそんな体験ができるようです。

またbluetoothを通してアンドロイド携帯の専用アプリに接続することで音声やヘッドジェスチャー(首を振るとか頷くとかのアクション)で操作が可能になるそうです。通話やメッセージはもちろんのことLINEのAIアシスタント「Clova」とも連携できるそうで、LINEメッセージやLINE MUSICの再生もできるそうです。

連続再生時間は4時間ですが、付属の充電ケースを使って3回のフル充電が可能でたった7分で1時間再生を可能にする急速充電にも対応となかなかかゆいところに手が届く仕様となっています。

ワイヤレスのヘッドホンやイヤホンの最大の問題点は充電ですし、付属でポータブル急速充電器がついてくるというのは良いですね。

連続再生4時間以上するというのはよほど遠出するか長時間街歩きしないとないでしょうし十分な再生時間だと思います。

発売日:2018年4月21日

販売価格:オープン(実勢販売価格は3万円前後になる模様)

カラー:ブラック・ゴールド

周囲への音の問題はあるの?

ちょっと気になっているところは音漏れの問題

独自技術で音漏れを低減しているということなのですが、公式の説明でも耳を塞がない構造ながらも音漏れを低減と書かれているので、やはり音が漏れる前提ではあるのかもしれませんね。

また周囲の環境音に合わせて音量を自動的に調節する機能があるということなので静かなところでは音量は下がり喧騒の中では音量は大きめになるということであれば、仮に音が何らかの形で漏れるとしてもあまり問題にはならないのかもしれませんね。

私は骨伝導タイプのものもつかったことがないのでこのあたりは想像の域を出ないのですが・・・。

なかなかいいお値段なので買うにしても一度試聴をして気になるところをクリアにしてから決めたいところですね。

スポンサードリンク




最後に

新しいソニーのヘッドセットは、周囲の音と音楽がブレンドされて聞こえる「デュアルリスニング」

一回の充電で4時間の連続再生、付属の充電ケースで3回のフル充電が可能で7分で1時間分の充電をできる急速充電機能も搭載

アンドロイドのみだがアプリで音声やジェスチャーでそうさもでき、LINEとの連携もできる

発売日は2018年4月21日、予想実勢価格は3万前後、色はブラックとゴールドの2色

というわけで今回は、ソニーが周りの音も聞こえる新型イヤホンXperiaEarDuo!その特徴と発売日についてでした。

ではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© まんぼうの棲家 , 2018 All Rights Reserved.