多趣味なまんぼうおじさんの徒然なる日常

夏はエアコンをつけっぱなしで省エネは本当?3年の検証結果電気代は?

2019/08/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

どうも、まんぼうです。

先日、電気代の明細などを整理していて、3年かけてふんわり確認だけしていた夏場の電気代について思い出したので検証結果を考察していきたいと思います。

色んな所で都市伝説的にまことしやかにささやかれる噂。

「夏場のエアコンはつけっぱなしのほうが安上がり」

とは言え、誰もが電気代が跳ね上がったら嫌だなと思ってなかなか自分では検証出来ない内容ですね。

私はとてつもない暑がりなのでちょっと試しにエアコンつけっぱなしの実験を、身銭を切る覚悟でやってみました!

スポンサードリンク

検証方法は?

実験期間は2016年の7月から9月2017年の7月から9月の電気代を使用、つけっぱなし以外の時のデータは2015年の7月から9月の電気代を使用します。

2016年の設定温度は28度で期間中エアコンは切らずに過ごします、2017年は27度設定で同じようにエアコンはつけっぱなしです。

電気代の対象期間は検針されたタイミングによって変わるので3ヶ月のトータルを合わせて見ていきたいと思います。

2015年(帰ってからギリギリまで我慢してからエアコン起動)
7月 9047円 (平均気温26.2度)
8月 10187円 (平均気温26.7度)
9月 7592円 (平均気温22.6度)
3ヶ月合計:26826円


2016年(エアコン28度設定でつけっぱなし)
7月 7093円 (平均気温25.4度)
8月 8242円 (平均気温27.1度)
9月 7063円 (平均気温24.4度)
3ヶ月合計:22398円


2017年(エアコン27度設定でつけっぱなし)
7月 9070円 (平均気温27.3度)
8月 7768円 (平均気温26.4度)
9月 7349円 (平均気温22.4度)
3ヶ月合計:24187円

 

エアコン機種:ダイキン工業F25FTNS-W(2005年製)

部屋の大きさ:26.28㎡(ワンルームアパート/バス・トイレ別)

以上が3年間の電気代になります。

スポンサードリンク

エアコンをつけっぱなしにした時の電気代は安くなった

上の結果からエアコンはつけっぱなしのほうが結果的に安くなることがわかりました。

補足情報としては基本的に部屋の窓はレースカーテンと遮光カーテンを閉めた状態に常にしていることと、帰宅後はサーキュレーターで室内の空気を循環させて効率化を図っています。

上の比較でわかりやすいのは

2015年(帰ってからギリギリまで我慢してからエアコン起動)
7月 9047円 (平均気温26.2度

2017年(エアコン27度設定でつけっぱなし)
7月 9070円 (平均気温27.3度

この場合電気代はほぼ同じだけどもその月の平均気温は2017年のほうが1度高くなっているので外気との差を考えるとほぼ同額ではあるけれども2017年のほうが効率的であることが見て取れます。

2015年(帰ってからギリギリまで我慢してからエアコン起動)
8月 10187円 (平均気温26.7度)
2017年(エアコン27度設定でつけっぱなし)
8月 7768円 (平均気温26.4度)

8月で比較するとこちらは平均気温がほぼ同じにも関わらず、2017年のほうが2400円ほど電気代が安くなっていることがわかります。

全体で見ても

2015年(帰ってからギリギリまで我慢してからエアコン起動)
3ヶ月合計:26826円

2016年(エアコン28度設定でつけっぱなし)
3ヶ月合計:22398円

2017年(エアコン27度設定でつけっぱなし)
3ヶ月合計:24187円

この結果を見る限りでは、エアコンをつけっぱなしにしたほうが効率的であることは間違いないといえるでしょう。

特に28度設定であれば4500円ほどの開きがあり、1月あたり1500円もの差があることになります。

これはあくまで電気代だけの話なのでそれ以外の部分での差についても考察してみたいと思います。

つけっぱなしにした時の電気代以外のメリットとは?

1.まず部屋に帰った時のむわっとした熱気にストレスを感じることがなくなる

28度だと帰ってもひんやりとういうほど出ない時もありますが、それでも外気が30度を超えているようなときであればひんやり感じるくらいに冷えています。

2.汗をかきにくいのでベタつきにくい

汗をかきにくい理由は部屋が冷えていて汗が出にくいという点と、暑さを紛らわすのに冷たい飲み物を飲む頻度が下がることの2点があります。

汗がでるから喉が渇く、飲んだら汗がでるという負のサイクルから抜け出せます。

3.部屋の気温があまり上がらないので生ゴミが臭いにくい

これは結構大きくて毎日燃えるゴミの収集でもあればいいのですが、殆どの地域が週に2-3回しかごみ収集は無いと思います。

臭わないようにするには密閉したゴミ箱などに淹れるしか無いのですが、あくまで臭いを閉じ込めるだけで、開けた時にはものすごい臭いに襲われます。

これが腐敗の進みやすい温度まで上がらないので、比較的臭いが発生しにくいです。

4.冷たい飲み物やアイスなどの消費が減る

これは上の2にも関連しますが、飲料の消費が減るので飲料代や、アイスなどの暑さを紛らわすための食費が少なくて済むようになります。

結果的に電気代以外でも節約になっていきますね。




スポンサードリンク

まとめ

・エアコンを帰ってから付けるよりも28度ないし27度設定でつけっぱなしにしたほうが、安上がりである。

・電気代以外でも節約になる部分があるのでトータルではもっと節約になる。

・暑さに起因する不快な要素がなくなったり、軽減できたりする。

結論:よほどの旧型でない限りはエアコンつけっぱなしにするのがお得

どうしても不安だという人は毎朝決まった時間にメーターの数字を記録しておけば数日ずつでも検証はできるので、効果を確認してから始めてみてください。

というわけで、エアコンをつけっぱなしで省エネは本当?3年掛かりの検証結果!についてでした。

ちょっと夏には早すぎですが、忘れないうちに書いておきますね。

ではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
まんぼうです。 多趣味なアラフォーおじさんが気になることや体験談などを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© まんぼうの棲家 , 2018 All Rights Reserved.